一匹のダメ男でも誰かの役にたてたら良い日記

足のニオイが人一倍臭いダメ男が「こんな僕でも一万人に一人にぐらい役にたてたら」と思いながら書く日記

死にかけの婆さん助けてから考えが変わった

先日、車の運転中に、道端で倒れてるお姉さんを見付けました。

 

20代後半ぐらいの綺麗なお姉さん。

 

道端とは言っても、クラブハウスの辺りだったので『酔い潰れて寝てるんだな』とすぐに理解。

 

しかし、場所も場所なので、そのまま放置しておく訳にはいかない。

 

少し前の僕なら

 

「お姉さん、お姉さん、起きて!」

「風邪引くよ!水飲む?」

「お姉さん、僕とnight of fireしない?」

とでも言って寄り添っていただろう。

 

しかし、あの事件以来、僕は

『困ってる人を思い付きで考え無しに助ける事は、自分の首を絞め兼ねない』と思うようになった。

 

なので「○○クラブの近くで人が倒れてます」とだけ近くの警察署に通報して

急ぎの用事もあった為、お姉さんを放置して、僕はその場を去りました。

 

 

この判断が、正解なのか間違いなのかわからないけど

本当に『酔っ払って寝てた』だけならまだ良いが

仮に、本当は今すぐにでも治療が必要で『死にかけの状態で倒れてた』としたなら、良い判断ではなかったんだろうな……とは思う。

 
f:id:hamisaku:20180706021754j:image

3年ほど前の出来事

その日、遅い時間まで仕事をしていた僕は、お腹ペッコペコだったので、弁当を買って帰ろうと思い、コンビニに寄った。

 

「今の気分はカツ丼や!無かったらカレーで手打ちやな!」

とか、独り言をぼやきながら車から降りた。

 

すると、コンビニの端っこで婆さんが倒れているのが目に入った。

 

婆さんは70歳以上は確実であろう

 

ザ・婆さん!

 

婆さんがそんな所で倒れてる状況に困惑したけど、見るからに調子悪そうにしてたんで、とりあえず近付いてみました。

 

すると、婆さんったらヨダレ垂らして「うぅ~うぅ~」つってマジで死にかけ。

 

『困ってる人がいたら助けなさい』

 

子供の頃に母がそんな事言ってたような気がするので、母の言葉を胸に僕は声をかける事にした。

 

「婆さん!どうしたん?」

 

婆さんは「うぅ~うぅ~」と言ってるだけで会話にならなかった。

 

すると突然

「うっ!!!」

とかいって、肩がグイーってなってた。

 

耳に肩を当てるかの如く、肩をグイーって上げて「うっ!うっ!」とか唸ってる。

 

 

「これは……ゲロを吐く合図だ!」

 

幾度となくゲロを吐きまくった経験がある僕からしたら一目了然。

 

このフォームはゲロの合図!!

 

慌てて自分の車にあるビニール袋とティッシュを持ってきて、婆さんの口元にビニール袋装着。

 

犬の頭を撫でる時のように、優しく婆さんの背中をスーリスリ。

 

そしたらもう無我夢中!

婆さんも僕も!

 

酸味の効いた酒のニオイと、そばとかネギとか何か凄いカラフルなゲロを「オロロ、オロロロ」って、一生懸命の婆さん。

 

僕もよくわからんけど「GO!GO!」とか言って。

 

で、何処からともなく変な音が聞こえてきた。

 

『プン、プン』『ビッ、ビッ』みたいな。

 

 

「何の音や?」って思って音の出どころ探したら、婆さんのお尻からだった。

 

まさかの屁。

 

ゲロ吐くのに一生懸命で

婆さん、力の配分がお尻にも行っちゃってた。

 

吐いて屁して、吐いて屁して。

 

「オエー」プン♪

「オエー」プン♪

 

もうだんだんワンツーのリズムで聞こえてくるもんだから

僕も負けじと「GO!!GO!!」って、婆さんにエールを送ったりなんかして、嵐が去るのを待った。

 

 

で、10分ぐらいして、婆さんも僕もちょっと落ち着いてきたから

ダッシュで水買ってきて飲ませた。

 

そんなら婆さん水飲んだと思ったらすぐ寝てしまった。

 

 ただのお酒の飲み過ぎと解ったので

ちょっと面倒臭くなってきて

 

「婆さん!自分で帰れる?」

 

って言ってみたけどガン無視

 

 

お腹すいてるし、だんだん僕もテンパってきてたので、仕方なく警察署に電話して連れてってもらうことにした。

 

 

婆さんには一応「警察の人に来てもらうでなぁ?」て言ったけど、もちろんシカト。

 

で、一応心配だったから警察が来るまで婆さんの横にいたんだけどさ、、、

 

 

店に入る人も、店から出てくる人も

「うわぁー」

「やっばぁー」

みたいな目で見てくる。

 

 

いやいや、僕も知らん人よ?この婆さん。

 

 

「飲ませ過ぎたんかぁオオゥ?」ってコワモテなおじさんも来たけど

 

「僕が飲ませた訳じゃないんですけどねぇ…ははっ」って返すしかないやん。知らんもん。

 

 

ゲロ合戦の時から変な視線は感じてて

嫌な予感はしてたんだけど、どうやら周りから見ると『僕が息子で婆さんが母親』に見えてるようだった。

 

 

視線を感じるたびに目で

「ちがうちがう」

「そうじゃない」

って合図してさ。もう鈴木雅之状態。

 

たまに心配してか、見に来てくれる店員さんにも「ちがうちーがーう」って目で合図して。

 

鈴木雅之がこの場にいたら、どれだけ心強かった事か。

 

 

そんなこんなで、しばらくしたら警察が来てくれたんだけど、事件が起きた!

 

 

警察が「おばあちゃん、大丈夫?」みたいな事言ってたら

突然、婆さん寝ながらパンツ脱いで

オシッコとウンコしはじめた。

 

 

見てた人達

「なぁぁぁーー!?」

つって大騒ぎ。

 

『言葉にならない』ってコレの事かと思った。

 

 これ以上この場にいる事は危険だ!

 

そう感じた僕は慌てて警察の人に

「僕は婆さん親族でも知り合いでもありません。なのでもう帰ります」と伝えて、逃げるように帰った。

弁当も買わずに…。

そりゃあカレーなんて特に無理だわ。

 

 

って事があったんですけど…。

 

そんでさ、よくよく考えてみたんですよ。

 

この日の事。

 

今の世の中って、すぐ何かにつけて

チカンだの変質者だの騒ぐやん?

 

この婆さんだって、下手したら僕の事をチカン扱いしてもおかしくないやん?

 

背中スリスリしたし、アクシデントとは言えパンツの中も見てしまったし。

 

仮に、婆さんが二十歳のギャルで、全く同じ事が起きたとして

僕が婆さんと同じようにギャルを扱ったら、アウトになりそうやん。

 

背中スリスリなんて、少なからずブラジャーのホック触ってしまうし…多分。

 

でも「婆さんだからセーフ」って考えも差別的だったりするんだろうし。

 

違う問題で、もしも「財布の金が減ってる」

とか言い出したら、100%で容疑者やん、僕。

 

 

『やらない善よりやる偽善』

 

『小さな親切大きなお世話』

 

『情けは人の為ならず』

 

とか、色々とそれっぽいことわざあるけど、考えれば考えるほど何が正しいのか解らなくなる。

 

 

結局は見て見ぬふりが一番、『自分の身を守る事』を考えたら安全で平和って気持ちも寂しいな。

 

イジメの見て見ぬふりに近いものを感じてしまうわー。

 

『誰かを助けよう』って意思は、色々と覚悟が必要なんかね…。

スポンサードリンク