読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一匹のダメ男でも誰かの役にたてたら良い日記

足のニオイが人一倍臭いダメ男が「こんな僕でも一万人に一人にぐらい役にたてたら」と思いながらスマホオンリーで書く日記

笑顔になれるハードル走!幸せな時間

あかーん!先走ったー(;o;)
「出来るだけ『今週のお題』に乗っかろう!」て意気込んでたのに

今週のお題「運動会とスポーツの秋」】バン!!

つい最近書いてしまったやん(-_-;)
泣いた最後の運動会!あれから18年たちました。

運動会じゃないけど、体育大会の時の事を思い出したので書いてみよう

ハードル走

中三の時なんですが、どうゆう経緯か思い出せないけど体育大会で『ハードル走』に出ることになりました。
恐らく「すぐ終わるし、簡単でしょう」なんて考えだったと思う。

『すぐ乗って帰れる。軽四はスーパージャンボ!!』の感じですね
『スッと飛んで帰れる。チョンと走ってジャンプ!!』とハードルをバカにしてたのだと思う。

そんな世界大会にもあるような、ハードル走をバカにしてる人、沢山いるのではないでしょうか?
「ハードル走も良いもんやで」と、僕は経験から少し学びました

反抗期

中学生の時、反抗期ありますよね
足がめっぽう臭い僕にも、そんな時期ありました。

「勉強しなさい!」「あぁん?」
「誰か足、臭くない?」「あぁん?」
「屁こいたん誰」「あぁん?」

てな具合。もちろん体育大会でさえも
「ハードル走の選手は集まってください!」てアナウンスが聴こえてきても「あぁん?」だった訳です

まあ、友達に連れられ、しぶしぶ並びに行ったのですが
どうも気に入らない。なんてったって反抗期ですから。

「もう走らんとこ」

ありがちですよね、反抗期の時。
普通にすれば良いのに、それが何故か気に入らなくてしない。
ラジオ体操とかも、普通にすれば良いのに、恥ずかしさからなのか、ちゃんとしない。反抗期ですからね。

僕もそう。
「腕を大きく上げてー♪」「あぁん?」
「腕を斜めにー♪」「チッ…」
「はい深呼吸ー♪」(あぁん?)フゥー

で、『もう走らんとこ』ってなった訳です!

一緒に出場する友達に言う僕

「だるいし歩いてゴールしようぜ!」
僕の甘い誘惑で友達も、オーケーした。友情パワーってやつでしょうか。

二人で歩いていく事に決まった!!

周りの同級生達がクラウチングスタートのポーズをしてるなか、僕達二人は突っ立ってた。
「ぷぷっ、クラウチングスタートて。ぷぷっ」
「そのポーズ、いる?」
と騒いでるバカ二人。
ごっつ真剣な顔でポーズを決めながらゴールを見つめる三人。

異様な光景の中、レースは始まった!!

楽しい楽しいハードル走

f:id:hamisaku:20141005165401j:plain
走り始めた三人。歩くバカ二人。
すると前方の三人から楽しそうな声が聞こえました

「ひゃーっ」「ケケケー」「おぉぅ、おっ、ホホォー」

え?と思いました。楽しいの?そんなに?

『僕も楽しみたい』と思うのに時間はいりませんでした。

友達に言った事「一緒に歩いてゴール」なんて忘れ、僕もダッシュ!!

それはそれは、楽しかった。
ハードルを舐めていた。こんなに楽しいとは……
走り終わると、そうでもないけど『走ってジャンプしてるとき、人は笑顔になれるんだ』って感じました。

ええ。

画質が荒くて見にくいけど、笑ってるんですよ。
5人とも。「幸せだなー幸せだなー」って。

そんな僕達の幸せな笑顔が刻まれた、卒業アルバム

スポンサードリンク