一匹のダメ男でも誰かの役にたてたら良い日記

足のニオイが人一倍臭いダメ男が「こんな僕でも一万人に一人にぐらい役にたてたら」と思いながらスマホオンリーで書く日記

『慰めあう事』それは時に残酷…。

人って何かの壁にぶち当たった時や、友達と試験を受ける時とかに、言ったり思ったりするじゃないですか?
「○○ちゃんも出来ないから、まぁいっか!」
「自分だけじゃないから、気にしない気にしない」
「あの子の方が自分より下だから安心安心」
「うちらって似た者同士よね~」
僕、知ってるんです!
この考えは間違ってるって。僕は小2の頃に気付いたんです。って話

友達であり、ライバルでもある『こうちゃん』

こんな僕にも、仲良しな『こうちゃん』って友達がいました。
こうちゃんと僕は水泳が大嫌いでした。もちろん泳げないから。でも夏になると、しつこいぐらいに体育の授業と言えば水泳。
f:id:hamisaku:20140926125347j:plain
そして、泳げる距離を計るんです。毎回毎回。僕たち何も悪い事してないのに、毎回距離を計るんです!
泳げない僕達からしたら、もう本当地獄。
周りのみんなは25メートルまで泳げなくても『ばた足』とか『犬かき』とか、色々な技を使ってスイスイ泳ぐ。
僕とこうちゃんは、がむしゃらに壁をトーンと蹴って2メートル程度。『泳ぐ』と言うより
「顔が水に付いたらすぐに立つ!」そんな感じでした。

それでも良かった。だって僕とこうちゃんは仲間だから

泳げない者同士で低レベルな戦いをしてた。
「あれれぇ~。こうちゃん、そんだけ?僕の勝ちだね!」
「ねぇ、こうちゃん知ってる?2メートルの向こう側…」なんて。
少しだけ、僕の方が脚力の強さがあってか、こうちゃんより泳げたんです。

こうちゃんは良く言ってた
「別に泳げなくてもいいや…ダメ男君も泳げないし…」って。僕、その時思ったんです
「あーこれが信頼関係か」って。
そんな僕とこうちゃんの『絆』が生まれた。そして夏休みに入っていった。

夏休みが終わり、また水泳の授業

しつこく、また水泳。でも大丈夫!僕とこうちゃんには固い絆が生まれてる
サイヤ人が地球に来た時のピッコロの勢いで
「距離でも何でも計って見やがれぇ!」って
「ハエ見たいなもんか試して見やがれぇ!」って具合。
ねっ、こうちゃん。

僕の距離は変わらず2~3メートル。自分の中ではまずまずの成績。
「この景色、こうちゃんにも見せてやりたい!2メートルの向こう側を…」
『絆』が生まれた僕とこうちゃん!応援しないわけがない!
こうちゃんの出番がやってきた。
「頑張れこうちゃん。大丈夫。落ち着いて!」
f:id:hamisaku:20140926125614j:plain
僕は祈るような気持ちで見た!僕の目にうつるこうちゃんは、まるで「やったんでぇ~」と言わんばかりに、しっかりゴーグルをして、心なしかキャップも被りすぎな程に被っていた
そして、調子にのって飛び込みの体勢をとっていた

「こうちゃん、壁トーンでしょ壁トーン!……あ!わかった。そうやって飛び込んで距離を伸ばす作戦ですか?
おやおや、賢くなりましたねドドリアさん」

僕の想いは届かず、こうちゃんは、僕の目の前から消えた……

『潜水』ってやつですか?

こうちゃん、プールの底の方で『クイクイ』して泳いでる
「なにそれ?人魚かな?」って勢いで『クイクイ』してる
f:id:hamisaku:20140926125658j:plain
え?こうちゃん?

━━別に泳げなくてもいいや━━

f:id:hamisaku:20140926125726j:plain
こうちゃん…待って…

━━あーこれが信頼関係か━━

こう…さん?

━━2メートルの向こう側━━
f:id:hamisaku:20140926125815j:plain
━━━━『絆』……。

「超気持ちいい~!!」

なんて聞こえてきてもおかしくない泳ぎ!

こうちゃんは頑張ったんだ。きっと。
夏休みの間、努力してたんだ……

僕が自由研究で『アリが食べるもの』なんて研究してる間、こうちゃんは頑張ったんだ

「アリさん、キュウリ食べるかな?」ってやってる間、練習してたんだ。クイクイしてたんだ。

「アリさん、鼻くそ食べるかな?」って無駄な研究してる間、自分の壁を越えたんだ……

僕は、その夏、学んだ

同じ境遇の『出来ない壁』を持った同士で『助け合い』と『共に壁を破る気持ち』
それが大事だったんだなぁって。
出来ない者同士『慰めあう』事は間違ってたんだ。
僕は沢山の事を学んだような気がした、小2の夏!
アリは『鼻くそはスルー』するんだ。少し、賢くなれた気がした、小2の夏!

スポンサードリンク