一匹のダメ男でも誰かの役にたてたら良い日記

足のニオイが人一倍臭いダメ男が「こんな僕でも一万人に一人にぐらい役にたてたら」と思いながらスマホオンリーで書く日記

すべらない話、、いや少しすべる話

あちぃー(´Д`)
『夏と言えば』で思い出した!
僕のオカンの話。オカンはいつからか少し天然(年のせいかも)です。
僕が笑えたオカンの話をいくつか思い出したので、文章で伝えるのは難しいとわかっていますが
せっかくなので夏にあったエピソードを書いてみようと思います
『すべらない話』と言いたいけど、『すべるかもしれない話』

コロコロコロコロ……『ダメ男』

オカンと蝦

何年か前の夏、日頃は家族でご飯を食べる事が、ほとんど無いけど
この日は珍しく、家族が集まってご飯を食べる事になりました
ワイワイご飯を食べれて、日頃『ムスッ』としてるオヤジもニコニコして
僕達兄弟も楽しくお喋りして、オカンもノリノリでした。しかし、
ちょこちょこ邪魔する奴がいた!『蝦(モスキート)』の野郎です!
その一匹の蝦が気になって気になって、やっつけたいのに中々やっつけられず
次第に皆、イライラし始めた!

「そのうちどこかに止まったらパーンとやっつけよう」なんて言ってたら、タイミング良く蝦が止まった!
オヤジのデコに、、
今まで散々邪魔してきた蝦!
ここで確実に仕留めたい蝦!
勇敢にもオヤジの隣に座ってたオカンが
「わたしが殺るわ!」と言うので皆、オカンに託した。

オバサン特有の、手のひらに「はぁ~、はぁ~」と息をかけて、
オヤジのデコにパーーン!した。
良い音が鳴り響いた。痛がるオヤジ。手応えアリの笑みを浮かべるオカン。
オカンが蝦を仕留めた手を、オヤジのデコから離す
しかし、仕留めたと思ったはずの蝦がいなかった

蝦の代わりに、恐らく「はぁ~、はぁ~」の時に付いたであろう
ペッタンコになった『米つぶ』がオヤジのデコにへばりついてた
叩かれたデコを痛がるオヤジを気遣い、
蝦を仕留めそこなって、代わりにペッタンコの米つぶが付いている事をしばらくの間、僕達は言うことなく
楽しい食事を再開したのでした。

コロコロコロコロ……『ダメ男』

オカンとケーキ

15年ぐらい前の話。オヤジの誕生日だったので
買い物とケーキを買いに行くため、オカンと姉ちゃんと僕の三人でジャスコに行きました。
買い物を済ませ、ジャスコ内のケーキ屋さんへ。
僕の家はあまり誕生日ケーキで、大きなケーキは買わないので、この時も小さいケーキを買うことになりました
ショートケーキとか1人サイズのケーキ。

前に子供連れのお客さんがいたので待ってました。
オカンが「あんたらどれにする?今の内決めといてよ」と言いましたが、正直、何でも良かったので
「ショートケーキでいいや」と言い待ってました。
前のに並んでる子供が凄い元気いっぱいでした
退屈だったのか、かまって欲しいのか、子供が親に
「モンゴリアンチョーープ」なんて言って、天山の真似して、ビシバシとモンゴリアンチョプを浴びせてました

そして、僕達のケーキを買う番がきた
姉ちゃんもショートケーキにするらしく、僕の兄の分もショートケーキにするって事になり(僕、五人家族)ケーキの注文。
そしたらオカンってば

「えーと、ショートケーキ3つとモンゴリアン2つ」
と言い出した。
ん!?モンゴリアン?あー『モンブラン』と間違えたんだなー
さっきの子供が「モンゴリアンモンゴリアン」言ってたから、うつっちゃんたんだなー
と思っていると、すぐさま姉ちゃんが
「オカン!ちがう!それ『ゴ』じゃなくて『ブ』や!」
と注意した。

後から聞くと、姉ちゃんは思ったらしい。
オカンは表示されてる『モンブラン』の『ブ』を『ゴ』を見間違えているんだなーと。
でも、間違いを指摘されて恥ずかしがるオカンはもう、すでにテンパってた

「あ、あ、ごめんなさい、モンブリアン、モンブリアン2つです」

優しい店員さんは、オカンがモンブランを欲しい事を理解してくれて、無事にケーキを買うことが出来ました
でも僕は見た!
下唇を噛んで、笑いを堪えてた店員さんを!!

おしまい

スポンサードリンク