一匹のダメ男でも誰かの役にたてたら良い日記

足のニオイが人一倍臭いダメ男が「こんな僕でも一万人に一人にぐらい役にたてたら」と思いながら書く日記

Googleアカウントを乗っ取られて落としたスマホも使われて『泣き寝入り』はしたくない

  今までアカウントの乗っ取られ』なんて他人事だと思ってました……。

 

ですが、知らないうちに僕のGoogleアカウントが乗っ取られていました!

 

乗っ取られに気付いてから次々と、新たな発見、発覚としていったため、いまだに頭が追い付いてない状態です。

 

今のところまだ完全に解決したわけではないですが『自分の記憶や出来事をまとめる』という意味と『泣き寝入りで終わらせるのは腑に落ちない』という子供じみた考えなのは重々承知の上、事の経緯を記しておきたいと思います。

 

『ひねくれた考え』

『他人の粗捜し』

『妄想や想像』

 

など、文章がおかしかったり、気に触る人もいるかと思いますが、胸のうちに秘めておくのも気持ちが悪いのでグダグダと書かせてもらいます。

 

 

あくまでも、今回の事で確信なく誰かを責めたり批判するつもりはありませんが、内容的に読んで頂いた人に、そう受け取れる発言になってしまっていたら申し訳ありません。


f:id:hamisaku:20190530233505j:image

・【簡単な経緯】

細かく書き出すと凄く長くなってしまうので、出来るだけ簡単に事の経緯だけ書かせてもらいます。

 

 

・2018年12月10日、夜中にスマホを落とした事を、その日の朝に気付く

 

・同日の昼頃、警察とドコモサポートに紛失届を出し、立ち寄った場所や乗車したタクシー会社に問い合わせるなど、2日間捜索したが見つからなかった

 

スマホの電源は12月10日の午前7時ごろには切れていた。おそらく着信を鳴らしながら探したりしていたため電池が無くなったと思う

 

・12月12日、ドコモショップで紛失の件を話し、元々使ってた機種と同じスマホに替えてもらい、Googleアカウントの移行を済ませ、電話帳やLINEなども今のスマホに復活出来る

 

・「落としたスマホを第三者が拾って電話帳や個人情報を見られる事が心配」という事をショップ店員に告げる

 

・『おまかせロック』のセキュリティ機能で、第三者に拾われても使用出来ない状態になると聞き、安心する

 

・※無知な僕は『遠隔でロック』をかけるのには条件などがあった事を、この時は知らなかった

(一年間ロックをする電波を日本国内にのみ飛ばす事)

(電波が繋がる状態になり初めてロックがかかる事)

(電波というのは通話が出来る状態の事をいう事)

など。

 

・その後、何事もなく普通に月日が流れる

 

・2019年5月に入ってから突然、現在使ってるスマホに不可解な事が起きるようになった

 

・『覚えのないGoogle検索履歴』『覚えのない平仮名乱文のツイート』『ルートが全然合わないGoogleナビ』など。

ただのバグや勘違いだと思い、さほど気にしていなかった

 

・5月24日、何気なくGoogleフォトを見ていたら、全く知らない外国人の写真が現在進行で沢山保存されてるのを見つける

 

Googleアカウントを開き確認すると、自分のスマホの他に、今現在フィリピンで使ってる事になってるスマホがある事を知る

 

・慌ててパスワードの変更をするとすぐに、アカウントの復元をしようとする、フィリピンの住所の通知がくる


f:id:hamisaku:20190531220923j:image

 

Googleアカウント内にあるフィリピン側のデバイスを消す

 

・焦りつつもGoogleフォトの写真を一つ一つ確認すると、僕が12月に落としたスマホと思われる物で、鏡越しに自撮りをしてる外国人の写真があった(機種、色、カバーが全く同じ)

 

・ドコモサポートやGoogleに問い合わせるも、僕の不安が募りテンパる

 

・金銭的被害がないか確認し、目に見えた被害は無い事を知り、テンパりつつも安心する

 

・5月28日『Googleマップのタイムライン』というGPSの動きがわかる機能を知る

 

・もしかしたらと思い過去のGPSの記録を見ていくと、5月4日に日本からフィリピンへ飛んでいってる事を知る

f:id:hamisaku:20190531215635j:image

・同時にスマホを落とした日の最後のGPS記録がタクシー会社で終わってる事を知る

 

・色々な妄想が膨らみ、一気に怖くなる

 

・お門違いだけど、落とし物の問い合わせを2回したタクシー会社とドコモのセキュリティを疑ってしまう

 

・気持ち悪いので『スマホの押収がしたい』と思い、周りに相談などして出来る策を考える

 

・【不正アクセス禁止法】と【遺失物横領罪】で外国人、もしくはスマホを拾ってフィリピンに飛ばした人を告訴出来るのでは?と思い付く

 

スマホを替えてもらったドコモショップへ連絡し『紛失届を出した時の遠隔ロックのシステム』『第三者が拾った場合どこまで触れるのか』などを聞きたかったのですが、おそらく僕の聞き方や態度が悪くて、喧嘩になりかけてしまう

 

・※この時『おまかせロック』のシステムを教えてもらい『確実に第三者が拾っても操作できない訳ではない』事を知る

 

・警察に「アカウント乗っ取られの件で使ってる人の顔や住所がわかるので告訴します」と言う

(GPS履歴から住所が割り出せた)

 

・しかし、【不正アクセス禁止法】も【遺失物横領罪】も該当せず告訴出来ないと言われる

 

・語弊があるかも知れませんが「危害を加える目的など悪意のある場合は不正アクセス禁止法になる。そうでなければならない」

「落とし物は、落とした人が被害者にならない。複雑な法律だけど、そのため君が告訴する事は出来ない」

との事。

 

・全然納得出来ないですが、法律的に泣き寝入りするしかない現実を知る

 

・悔しく思い、色々調べていくうちに、スマホ押収に繋がる別の手段がある事を見つける。

 

・しかし、

『もう下手に動かない方が良いのか』

『費用を払ってでも弁護士に頼った方が良いのか』

『泣き寝入りで終わらした方が良いのか』

と悩んでいるところ←今現在

・【今の心境】

今のところ目に見えた金銭的被害などはありませんし、僕のGoogleアカウントを使用していた外国人は悪気なく使用していた感じだと思います。

 

ですが、『名前』『住所』『電話番号』『顔』などの個人情報は筒抜けの状態ですし、ツイッターへの書込みの事からして、クレジットカードやネットバンクも心配で気持ちの良い物ではないです。

 

なので、法律の問題で、泣き寝入りするしかないとなってるとしても「せめてスマホを返して欲しい」という気持ちがどうしても拭いきれません。

 

だからと言って、ちゃんと相談しに行ったわけじゃないけど、何十万とかの弁護士費用を払ってまでしてスマホの押収がしたいか、となると微妙です。

 

 

少し考えてから決断しようと思います。

スポンサードリンク