一匹のダメ男でも誰かの役にたてたら良い日記

足のニオイが人一倍臭いダメ男が「こんな僕でも一万人に一人にぐらい役にたてたら」と思いながら書く日記

過去に書いたブログのまとめ12選

前々回にブログを更新してから、約1ヶ月。


ひたすら自分のブログを読み漁っていました!


ブログを始めてから4年ぐらい経ちましたが、書いては止めて書いては止めてを繰り返し、気付けば158個も記事がありました。


多分、一般的には4年も前からブログを始めたにしては少ないんでしょうけど、僕は全部読むのに1ヶ月かかりました…。


「あー、こんな事書いたな!」とか

「この時はそんな考え方だったんだ」とか


自分の書いた事なのに感心したところも、あるにはあったんですが、大半の記事は

「は?」とか

「何が言いたいのかサッパリわからん」

と思う事ばかりで、自分の黒歴史を見てる気分になってしまい、特にヤバそうな42個の記事を消しました……。


f:id:hamisaku:20180909021914j:plain


全部の記事が、しょーもない事しか書いてないですが、自分の中で

【多目に見てギリギリ許せる範囲】


【世の中に出したらダメなレベル】

と、記事のランク付けをし、


点数で言うなら10点満点中、2点ありそうな記事は残させて頂きました!


その中でも、「自分らしい記事だな」と感じたものが、調子に乗って12個あったので、まとめてみました。

・【なりきり正義のヒーロー】




子供の頃にヒーローに憧れてた反動が、大人になってから来てしまった男の成れの果て。
喋り口調が意識し過ぎてる気がするけど、僕の想像上のヒーローはこうなのだ!

・【学生時代の青春】






学生の頃に経験した話。こうゆう記事は思い出しながら書けるので、楽をするつもりで書いたんだろう。
僕個人的には、思い出に浸れる話。

・【ウンコ味カレーとカレー味ウンコ】



汚い記事だけど、汚らわしい気持ちで書いた訳じゃなく、素直な気持ちでカレーを追及したかった話。
結局、いまだにちゃんとした答えは出ていない。

・【特別系】



上の記事は、初めて架空のストーリー小説を書く機会があり挑戦したが、小説を読むことがないので、おとぎ話ぽくなっていた。

下の記事は、誰にも言わずに黙ってるつもりだったが、ノリで暴露してしまった話。

・自分が書いた記事の感想

自分の記事を読んで確信しました。

僕は、思ってる事を伝えるのが下手だ!

記事を書いてる時は何も感じてなかったけど、書いてある内容を忘れてから読むと、ひどい有り様だった!

他人だったら私生活を疑うレベル!


あれ?もしかして……

僕って、私生活でもこうなの?

伝わってると思って喋ってたけど、伝わってなかったのか!


どおりでアイスコーヒー頼んだのにホットコーヒーが出てくるわけだ!!

英会話でも習おかな……

スポンサードリンク