読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一匹のダメ男でも誰かの役にたてたら良い日記

足のニオイが人一倍臭いダメ男が「こんな僕でも一万人に一人にぐらい役にたてたら」と思いながらスマホオンリーで書く日記

【閲覧注意】ウンコ味カレーとカレー味ウンコの議論は序章でしかなかった…

ネタ ニュース 雑談

※この記事は、ウンコ及びウンチと書かれる内容が多数含まれています。お食事中の方はお控えください。尚、体調不良、吐き気、便意などの症状につきましては一切、責任をおいかねます


こんにちは。ウンチクリエイターのアシクサです。

今回は少し過去を振り返り、再度
『ウンコ味のカレーとカレー味のウンコ』をテーマにして考えなければいけないと思いましたので、ここに記させて頂きます

揺るがない想い

f:id:hamisaku:20160123184255j:plain

ウンコ味のカレー、カレー味のウンコ。
どちらを食すか。
人それぞれ考えや答え、好みが別れると思います


私は2年前の10月、この議論に対し、考えに考えた結果『カレー味のウンコを食べる』と決意しました。

その決意は未だ揺るがず、例えウンコ味のカレー派が半数以上になろうとも、戦う覚悟です。


上記の記事で私は

■ウンコ味を作り出す事は、不可能!作ったと言う奴は嘘つきかウンコ食べて研究出来る強者。←尊敬

■カレー味をお尻から出すには、何年もカレーを食べ続け、カレーを愛す気持ちを忘れない事。それでやっと出せるかどうか

■ウンコ味のカレーとカレー味のウンコは、比べるまでもない

■よって、ウンコ味のカレーとは『ウンコが入ってるカレー』カレー味のウンコとは『カレーを極めし者のウンコ』

■カレー味のウンコと呼ぶほどのウンコ、それはカレー

と、述べました。


しかし、私は1つ間違いがあった事に気が付いてしまったのです。

『ウンコ味を作り出す事は、不可能!』

この考えは間違っていて、『可能』だということを踏まえて考えなければいけなかったのです

カレーショップ志み津

f:id:hamisaku:20160123184319j:plain

【カレーショップ志み津】というカレー屋さんをご存知でしょうか?

このお店は男性ならよく知る『しみけん』さんが営んでいたカレー屋さんです。
少しスケベな女性も知っていると思いますが、しみけんさんはイケメンセクシー男優ですね


一度、出向いてみたかったのですが
2015年8月から今年2016年1月4日までの営業だったようで残念です


そして、このお店こそが我々『カレー味派』の常識を覆すお店だったのです。


そう。この店はウンコ味カレーのお店です。


『ウンコ食べた事ある人』と称する、しみけんさんをはじめ、神の領域に達した方々が集まり、ウンコの味に限り無く近いカレーを作ってしまいました。


メニューには【ちっせぇの】【そこそこ】【でっけぇの】とあり、挙げ句のはてに
【銀河ギリギリぶっちぎりで臭いやつ‼ スーパーうんこ味カレー】たるものまで現れる始末。


不可能を可能にしただけでなく、サイズ、ニオイ、味までも変幻自在に操る彼らを、称賛に値しざるを得ないのです。


そして、【ウンコ味派】の鑑である彼らの行動は、こう私達に告げているのです。


「戦いの火蓋は今切られた!さぁ、カレー味派の君達はどうする?ん?」と。

宣戦布告をうけて

『究極の選択』とは上手く言ったものだ。
この戦いは、歴史が左右する戦い。
逃げだす事は許されない!


完成形(ウンコ)を見事に造り出した彼らに対抗するには、こちらも完成形(カレー)を造る他ないのだ

f:id:hamisaku:20160123184424j:plain

この現実を目の当たりにした私は、ありとあらゆるカレー、
バーモンドからククレ。またはカレーヌードル、時にはカレー味のお菓子を食べた。


味覚とは嗅覚から始まる


【ニオイ】こそが【味の導き】


まず私の出すウンチのニオイをカレーに近付けるべく、私はカレーを追い求めた!


そして、日に日に体の中に潜むカレーが満たされ始めた時、初めての感覚に気付いた。


「カレーが……喜んでる!?」


そして。遂に今


カレーに最も近い状態になったウンチが、うねりをあげて放出されたのだ!!


食欲を感じさせるトロッとした見た目

見るからに刺激がありそうな色

冬だからこその出来立てホヤホヤを思わせる湯気


私は「クンクン」と舞い上がる湯気に近付いた。



ニオイは完全にウンコだった……。

体調を気遣われそうなニオイのウンコ、それ以外の何者でもなかった。

議論とは

f:id:hamisaku:20160123184606j:plain

争いというものは同じレベルのもの同士で起きるもの。

この『究極の選択』も例外じゃなく、これでは議論にならない


ウンコ味VSカレー味という争いは、土俵が違う。


【妄想VS妄想】で初めて、争うもの。

【現実VS妄想】では起こり得ない。


ウンコ味(リアル)÷カレー味(妄想)=答え

とは、ならないのだ


この方程式を解くには、お互いが同じステージに立つ以外、方法はない

卒業論文

私達に突き付けられた選択。

長い間、争いを繰り返していたウンコとカレー。

議論を繰り返すこの問題を、いつの日か決着を付けるべく、人間…いや、ウンチクリエイターの私達が同じ土俵で戦わせてあげること……。

【リアルVSリアル】にする事こそが、私達ウンチクリエイターの存在意義であり、定めなのだ。

それが地球上に住む、ありとあらゆる生物…ウンチクリエイターが提出するべき【卒業論文】なのだろう。

スポンサードリンク