読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一匹のダメ男でも誰かの役にたてたら良い日記

足のニオイが人一倍臭いダメ男が「こんな僕でも一万人に一人にぐらい役にたてたら」と思いながらスマホオンリーで書く日記

ロト6に夢をかけるオッサンのトリック

今日、今年一番の衝撃が起きた!!

【男には、やらねばならない時がある】とでも言わんばかりに、僕の前へと行ったオッサンの背中は、そう語っていた……

ロト6に導かれし者!

今日、てか今さっき、僕は宝くじ売り場に寄った
目的はロト6の購入。

f:id:hamisaku:20150122170904j:plain

「当たれ当たれー!当たらんかい!!」と毎度思いながら、ちょこちょこ買うのだが、僕にはまだ数億円は早いようで当たりません。

なのでいつも、2口~3口だけ購入し、安い夢を買ってます

今日もそう。
なけなしの50円玉と10円玉を含め、かき集めた600円(3口分)を握りしめて行った

ちなみに僕は、覚えやすい数字だと『買ってない時に当たってた』なんて、ジ.エンドな事は避けたいので、いつも書く数字はバラバラです。

売り場に着き、数字を選ぶ足の臭い僕

すると、いつの間にかオッサンが、僕の後ろに並んでた!

「まだなので先にどうぞ」と言う健気な僕

「ちょっと時間かかりますよ?」と言うオッサン

「大丈夫ですよ。どうぞ」と言う優しい僕(母親譲りの優しさ)

ところがビックリ
ふと、オッサンの手を見ると「どんだけ入っとんねん」と、頭をひっぱたきそうになる程に分厚い封筒を持ってた。
その封筒は黄色く、招き猫の絵が書かれた
『いかにも』って感じのものだった。

ロト6なんて全く当たらない僕は、直感で悟った
「このオヤジ、出来る……」と。

気になる…

f:id:hamisaku:20150122174344j:plain

他人のプライバシーとか、そんなんどうでもいい!
ただただ僕は、オッサンが気になった
この木何の木より気になった!

オッサンはおもむろに封筒から、お金をバーン!と出すかと思いきや
大量の『購入用紙』を取りだし、売り場のオバサンに渡した

『売り場のオバサン』って呼び名は何だか嫌なので、
今回は仮に『ミユキ』と呼びます

ミユキは少し驚いた表情だったけど、すぐに紙を機械に入れて数えだした

オッサンはどことなく、少し震えてるようにも見えた

「屁でも我慢してるんかな?」と思ったが、恐らく違うだろう。


気が付けば集計が終わって、ミユキの口から会計が発表されようとしていた。

オッサン「ゴクリ…」

僕「ゴクリ…」

この時、僕がまあまあ臭いすかしっ屁をした事は
言うまでもない!

ミユキ「62枚で94200円です」

f:id:hamisaku:20150122174642j:plain

ビックリした!それぐらいはあるだろうなと思ってたとは言え、僕の600円が霞む金額にビックリした!!

オッサンはスッとお金を払い、雨に濡れたアスファルトを一歩、また一歩とハゲ散らかした頭も濡らしながら行ってしまった

「めちゃ買うやん!」とビックリしたけど、僕は僕なりに、この600円に希望を乗せて購入し、帰宅した

しかし、何かがおかしい!

違和感がある!!


帰路中、僕はこの違和感がなんなのかを考えていた

そして、違和感の正体がわかった!

【ロト6】1口200円

f:id:hamisaku:20150122180429j:plain

そもそも《94200円》って、何でこんな中途半端なんだろうか?

そして、1口200円だが1枚の購入用紙に5口まで買える
なので本来、1枚は1000円になるはず。

購入用紙はミユキの証言によると《62枚》

【1000×62=62000】のはず。

オッサンが出したのは94200円

なんだこの矛盾は!?

アリバイは全ての人にある!しかし、必ず犯人はいるはずだ!!
ふっ、必ずこのトリックを暴いて見せる!!

ジッチャンの名にかけて!

スポンサードリンク