一匹のダメ男でも誰かの役にたてたら良い日記

足のニオイが人一倍臭いダメ男が「こんな僕でも一万人に一人にぐらい役にたてたら」と思いながらスマホオンリーで書く日記

勘違いが溢れる社会「オモチャ屋さんじゃないんだ」

勘違いって怖いですよね(´・д・`)
僕のオカンも散々勘違いします。可愛いものですが、
うまい棒をうまか棒って言ってたり
ミハエルシューマッハをミエハルシューマッハって言ったり。

僕も子供の時、勘違いして辱しめを味わった事があります。って話

ニンテンドー64

僕が小学5年生ぐらいの時ですかね、その当時『ニンテンドー64』が発売されたんです。
f:id:hamisaku:20141006115552j:plain
引用http://ja.m.wikipedia.org/wiki/NINTENDO64

周りに数人買った子がいて、まあ自慢するんですよ奴ら。それがまあ腹立つんです。

「やっべー楽しいわーロクヨン!!」
振動パックぶるぶるつって、ぶるぶる~つって!」
「イッツミーマーリオォ!つって!」

まぁ子供ながらに嫉妬しました!シット!!
で、「僕も欲しい、そんで自慢したい」って考えました。
ですが僕の親は「ゲームは自分で買いなさい!」主義なので買ってくれず、小遣い1000円の僕には何万円も
するニンテンドー64なんてすぐに買えなかった……
そんな時、気付いちゃったんですね

「お年玉があるじゃないか」って。

そうなんです。僕の時代がやってきました!!
季節は冬。毎年のお年玉金額データーによれば、ロクヨンを買うだけのお金が貯まるはず!

「お年玉で買うぞ!」と僕、決意!!

『もーういーくつ寝ーるとー♪おしょーがつー♪』が僕のテーマソング。
そしてお正月をカウントダウンしながら待ちました。

待ちに待ったお正月がやって来た!

予定通りニンテンドー64を買うだけの金額、むしろソフトも2つぐらい買えちゃうぐらい、お年玉貰った。
f:id:hamisaku:20141006120109j:plain
「待ってろマリオ!」「待ってろ広末涼子!」
振動パックのCMの広末涼子にウインクし、僕は以前から気になってたオモチャ屋さんに向かうのだった…

その『オモチャ屋さん』が『オモチャ屋さんじゃない』とは知らずに……。

おもちゃ王国

今は名前や作りも変わったのですが、近所に
『○○のおもちゃ王国』っていう建物がありました。
いわゆるホテルです、、『○○ホテル』

表現が難しいですが
『男女の大人達が、こうの鳥がやってくるおまじないをするホテル』ですね。
その建物に以前から垂れ幕があったんです!

ニンテンドー64 あります!』って。

僕はまさか、おまじないする所なんて知らないし、おもちゃ王国って名前だし、ロクヨンあるって書いてあるし、僕からしたらオモチャ屋さんだった。

そんで行ってみました。おもちゃ王国着きました。8階建てぐらいある王国。沢山ゲームが置いてありそう!

「何階あるんや?わくわく」
「色んなオモチャ見たろかい!わくわく」
ゲームボーイのソフトも買ったろかい!わくわく」

期待を胸にのせて扉オープン!悲しみのない自由な空へ!!
f:id:hamisaku:20141006120247j:plain

不思議な感覚を覚えました

あれ?と思いましたね。「何ここ?」でした。
人がいないし、いくつか液晶画面に映し出された部屋。

『A~D』までランク付けしてある部屋の画面。

『休憩3980円~』の文字。

「何これ?ゲームレンタルの店?」
軽くパニックでした。僕がミュージシャンだったらこの時『パニクルー』と名付けてましたね。音楽の世界に目覚めかねない程のパニクルー。

しばらく立ち尽くし、頭の中のPaniCrewとパニクルーが緊急会議を開いてた時、タイミング良く大人が来てくれました。
男女の大人。おじさんとおばさん。

「大人は正しい。大人はすべて知っている!」

僕はわからない時は大人に聞く!ってスローガンがあるので、すぐに寄ってきました。おじさんとおばさんの元へ。

オモチャ屋さんではない!

『真面目が売り』の僕は尋ねました。
「ロクヨン、何階に売ってますか?」と。

「え?」ですよ、渾身の「え?」
多分、おじさんもおばさんもパニクルーだったんでしょうね
おじさん「え?」
おばさん「え?」
僕「え?」目キラキラ。

二人もロクヨン目当てでオモチャ屋さんに来たと思ってたのに、まさか「え?」と返されると思ってなかった。
大人はすべて知っているはずなのに…

僕は仕方ないので説明をした

■ゲームを買いに来た事
ニンテンドー64ありますの文字の事
■初めて来たので右も左もわからない事

おじさんが教えてくれました
「ここはオモチャ屋さんではないよ」と。

優しい人達で良かった

おじさんとおばさん、口々に説明してくれました
もちろん、卑猥な事は言わずに。

「ここは大人が休憩する所だよ」

「高い喫茶店みたいな所だよ」

「ゲームは売ってないんだよ」

「子供にはまだ早いお店だよ」
って感じで。僕思いましたね、「ふ~ん」て。

なんか良くわからんけど、ここでロクヨンは買えないんだなぁ。て感じ取りました

「はぁーい」と言い、僕を見送る二人に頭を下げて
なんとなく腑に落ちない気持ちを持ちながらも、愛車のマウンテンバイクにまたがり、おもちゃ王国を去った。

「何が『ニンテンドー64あります!』だ、嘘つき!」
と呟きながら……。

数年後、僕はそこが『大人の喫茶店』ではなかった事を知った。

スポンサードリンク