読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一匹のダメ男でも誰かの役にたてたら良い日記

足のニオイが人一倍臭いダメ男が「こんな僕でも一万人に一人にぐらい役にたてたら」と思いながらスマホオンリーで書く日記

気まずい時は、苦笑いがやっと…

ネタ ニュース 雑談

ご存じの方はいらっしゃらないと思いますが、僕の会社には、トイレが1つしかありません。
もちろん『大をする方』の事です。なので、誰かが使っていたら、時に我慢も必要になります

僕の日課の1つに『お昼はスッキリする!』というのがあります

今日も日課通りに生きる予定だったのですが、お腹の調子が悪いのか「出してくれ出してくれ」とポケモン(仮名)が、せがんでくるので少し足早に向かいました。
f:id:hamisaku:20141004160545j:plain
いざ、トイレに辿り着くと奥からノイズが聞こえてきた。「ん~」スパパパパッって。
時代が時代なら『ライフル』と称号を称えても良いぐらいのスパパパパッ。

その声はまさに、人間のそれであり、トンネル開通をしている音。先客がいたのです。
僕も大人。待つ事は出来る。待とう!

念の為、扉の鍵をチェック。赤!
『赤』それは止まれの合図!!

「したくないけどオシッコして待とう」そんな気持ちでいたのですが、僕、異変に気づきました!

「音が消えた…」

いや、恐らく僕が入ってきた事で恥ずかしくて声を出せなくなっている
そして、中の人が、お腹に力を入れれなくなってる

「僕は今、迷惑な存在なのでは?」と感じるのに時間はかかりませんでした

『人に迷惑をかけるな』幼い時に散々言われた言葉

外で待とう。まだお腹に余裕はある
「ゆっくりしたまえ」と心で語りかけ
シャー…と手を洗い『もうトイレから出ましたよ』のサインを足で過剰に出し、その場を後にした
f:id:hamisaku:20141004160832j:plain

5分程たったかな?

「まだかなぁ」と、ゆっくりバレないようにトイレへ近づき確認しましたが、テンポの良い息づかいを感じ
僕は母に教わった優しさでもう少し待つことにした
なんくるないさぁー」って具合で。

考えが甘かった。

屁が出たのです!僕にとってこの屁はとても危険なもの!
別名『カーニバル開始の鐘』

「なんくるなくねえぇぇ!!」

嫌な予感がしました。そして、その予感は的中。
一般的な便意は、じわじわと100%に近づくものと存じてますが、鐘がなってしまった僕の便意は、100%から襲いかかって来くるのです

カーニバル開始の鐘がなってしまい、ポケモンに「時はきた!」って言われた気がした僕は
理性を保つ事が困難になり、トイレの中のまだ見ぬ敵に対して怒りと憎しみがこみ上げていました。

ピンチな時こそ冷静に…

テクマクマヤコンテクマクマヤコン

「エロイスエスタイム。エロイスエスタイム。」

僕は知る限りの呪文を唱えだした頃、中から

ジャーゴロゴローォォ…と聞こえました。

「これは遂に…敵が出てくる音!」助かった。

僕は、あえて自然に。「今、初めてきました」的な感じにトイレへ。

しかし、シーーーーンとする部屋

「あれ?もう出てったんかな?」

鍵チェック。赤!止まれの赤!!
f:id:hamisaku:20141004161129j:plain
「ははぁ~ん、さてはこのやろう、スマホいじってるな……バカヤロー!」もし僕がアントニオ猪木だったら扉をビンタしてアリキックして「元気ですかー!!」と扉を壊すのですが
僕は猪木じゃないし、割とシャープなアゴなので、僕にとっての最善策!存在アピールすることにしました。

「待ってる人いますよ!!」と、足音をタンタン鳴り響かせました。

出てこない……

「これでもかっ!」とタンタン続けました。今の僕にはそうするしかない!
たまにサンバのリズムでタタンタンとかしてました。
頭の中は「蝶々サンバ♪(蝶々サンバ)ジグザグサンバ♪(ジグザグサンバ)」状態。

気まずい状況……

f:id:hamisaku:20141004161215j:plain
サンバに夢中になってた僕は、たまにトイレから目を離していたんですね。これがいけなかった。

いつからなのか、わからないけど、トイレに目をやったら空いてるんですよ。扉が!
ええ。中の人、こっち見てるんですよ。

「何してる?」の目で。

いやいやいや、アンタのせいだ!!とは言えず
僕は恥ずかしさと気まずさから、苦笑いをする事がやっとで、スッとトイレに入った。スッと出すもの出した

人は気まずい時に『苦笑い』するんだなぁ。と気付きました。

便をして生る事!

それは出したい時に出す事に限った事ではない!
世界中には、出したくても出せない人
いつも、お漏らしと隣り合わせの人々が沢山います。

そんな世の中だからこそ、1人1人が便意と向き合っていかなければいけない。

『あなた1人の優しさ』で救われる便意があるのです

【Welcome to 便意】

出したい時に出してますか?

スポンサードリンク