読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一匹のダメ男でも誰かの役にたてたら良い日記

足のニオイが人一倍臭いダメ男が「こんな僕でも一万人に一人にぐらい役にたてたら」と思いながらスマホオンリーで書く日記

僕の青春の一つ『10チェンおじさん』

商売って難しいですよね。未だに全然理解出来てない…
昔、子供の時に初めて『お金を稼いで』『商売の難しさ』を知ったって言う青春の話

10チェンおじさん

小3の時、数ヶ月もの間、僕達は『10チェン』と言う遊びにハマってた。

事の始まりは「なあ、10チェンおじさんって知ってる?」と、友達の一言から始まった
最初は「なにそれ?怖い」と思いました

経緯は
■友達が自転車こいでたら川原に1人で空き缶のゴミ掃除をしてるおじさんがいた。
■暇だった友達は「手伝いますよ?」と声をかけたが、無視された
■しかし、優しい友達は手伝った。後々知る事になるけど、おじさんは無視したのじゃなく無口だった
■空き缶を一ヶ所に集めて、掃除が終わると「10チェン(ジュッチェン)」と言い、おじさんは10円くれた
という事があったらしい。
f:id:hamisaku:20141003182700j:plain
友達は「これは稼げる」と思い、数回おじさんの元に家から空き缶をビニール袋に入れて訪ねては『10チェン』を貰ったと言う。

僕達は興味が出た。少ない小遣いの僕達からしたら、例え10円でも頻繁に貰う事、お金を作る事が出来るなんて凄い事だ!と思った

早速「行ってみよう」となった

そこで友達は言う。「これには謎がある」と。
その謎とは、『空き缶が何個から10円になるのか解らない』との事。

友達は10個程持って行って10円の時もあれば、
5個程の時も10円だったらしい。

「なるほど。とりあえず近所のスーパーとか自販機で集めて行ってみよう」
僕達3人の青春が今始まった!!

僕達は子供の力で周りを気にせずゴミ箱を漁った!

3人で20個ぐらい空き缶を集めた。友達の教訓によると、それを一つにまとめると10チェンの可能性がある。
なので3当分に分けて、3人で30円を貰う作戦に出た!

初めて10チェンおじさんに会った。友達の話通り無口な人。
「こんにちわー」と挨拶しても
「………。」と黙ったままコクリと頷くだけ。

本題であるビニール袋に入れた空き缶を渡した。
すると古そうなガマぐち財布から10円を取りだし
「10チェン」とくれた。3人とも10チェン貰った。
噂は本当だった!

それから何度か、繰り返し10チェンを貰いに行った!

「この事は3人だけの秘密なー」と、僕達は仲間意識が強まった。
この事を僕達は『10チェン』と名付けた。秘密の暗号のようなものでもあった。

たまに、ゴミ箱を漁って「いざ参る!」と向かって10チェンおじさんがいない時もあった。そんな時は
『10チェン広場』と名付けた秘密基地(小さな林)に貯めていった。

そこから数個持って行き「10チェンゲット」
ゴミ箱漁り「10チェン広場へGO」を繰り返した。
数週間は繰り返した。

僕達が10円の事を10チェンと呼ぶ事が当たり前になった時、疑問が生まれた

「100チェンは可能なのか?」と。
f:id:hamisaku:20141003182733j:plain

会議が始まった

「今、僕達は週に3回程、活動している」

「しかし、10チェンおじさんに持っていく空き缶は一部なので、空き缶が溜まってきている」

「そろそろ10チェンの壁を越えれるのではないだろうか?100チェン、欲しい」

僕達は1人100チェン分、合わせて300チェンの空き缶を溜めて、まとめて持っていくぞ!と決まった。

僕達な言わば『10チェンのプロ』
大体の目安はわかってる!やるぞ!!

僕達の青春!

漁りに漁った。近所の空き缶がありそうな所を!
スーパーの店員さんに少し怒られた事もあった。だけど悪いことをしてる意識がなかったので、気にせず漁った。
それはそれで楽しかった!

いざ集めて決戦の時を迎えた。
移動手段は自転車。それはもう大変でした。
大きなゴミ袋2つに無理やり入れたけど、まあ重い。僕達の小さい体からしたら、まるで岩!
荷台にビニールひもでくくりつけた。

「100チェン貰ったら、ねりねりねるねを買うんだ」
初代ねりねりねるねの時代、僕達は必死な思いで
10チェンおじさんの元へ向かった

おじさんいた!!

「おじさーん、これぇー!!」と、推定300チェンはあるであろう空き缶を見せる。

コクリ、と頷くおじさん。

ワクワクする僕達。なんせ、推定300チェン。持ってくるのも頑張った!
(さあ、なんチェンだ?)ワクワク。

おじさんはガマぐち財布からお金を出して言った
「20チェン(ニジュッチェン)」

え?となる僕。
「あの、、これ、300チェン…」と聞く友達。
「20チェン」と言うおじさん。

それ以上何も言うことも出来ずに、僕達は帰った

10チェンおじさんが伝えたかった事

帰りしな、不信感が芽生えながらも僕達は語った
テーマは「なんで?ねえ、あれ10チェン?」

僕達は今までの事がアホらしくなった。
丁度、10チェン広場の空き缶も無くなった。

「もうやめよう」
決断するのは早かった。こうして僕達の青春時代は幕を閉じた

おじさんは多分、僕達の事を思って20チェンにしたのだ。
僕達は、クセになってた。10チェンを貰える事、ゴミをお金に変える事を。
『人は弱い生き物。すぐクセになる。』

10チェンおじさんは、きっとそれを見抜いたいたのだ。
商売の難しさを知った、僕の青春の一ページ!

スポンサードリンク