読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一匹のダメ男でも誰かの役にたてたら良い日記

足のニオイが人一倍臭いダメ男が「こんな僕でも一万人に一人にぐらい役にたてたら」と思いながらスマホオンリーで書く日記

ミカン夫婦とネコの話。小説ではないかな( ̄▽ ̄;)

ネタ ニュース 雑談

旬のトピックだそうなので、小説に触れる機会もなかなかないですが僕もチャレンジしたいと思います(^O^)トピック「短編小説の集い」について
http://novelcluster.hatenablog.jp/entry/2014/09/18/121657
多分、リンゴをテーマに書くんかな?

ミカン夫婦とネコ

むかーし昔、あるところに、ミカンが大好きでミカンばっかり食べている、おじいさんとおばあさんがいました。

ある時おじいさんは栄養の偏りを気にして
「ビタミンバランス!」と言い、山へ、りんご狩りに出かけました。
おばあさんは、いつものように『ごきげんよう』を見ながらミカンを頬張ってました。

おじいさんは思いました。「やっぱりミカンの方がいいな!わし、もうリンゴいらん」と。
リンゴに飽きてイライラし、手に取ったリンゴを捨てました。

すると、待ってました!と言わんばかりに 、ネコがリンゴに飛び付いてガツガツ食べ始めました

「なんじゃ、このネコは?ふふふ、バカなネコじゃ」
おじいさんはネコの食べっぷりを気に入り、リンゴを取ってはネコにやり、を繰り返してました。

「リンゴもいいけど、ミカンの方が美味いぞ!どうじゃ、家に来るか?」
ネコの意見など全く聞く気もないおじいさんは、我が家にネコを持ち帰りました。

「ばあさん、このネコにミカンをあげてくれないか?」
残り少ないミカン。ばあさんは嫌々ながらにも一つネコに食べさせました。
ネコはミカンを食べましたが、どうもリンゴの方が良さそうだった。

「ミカン、美味しいのに…。よし決めた!このネコがミカンをガツガツ食べるまで家で飼うぞ!」
おじいさんの独断でネコを飼う事になりました。
名前は『タマ』。「ネコっぽいから良くね?タマで」とおばあさんの発言で決まりました。

子供に恵まれなかったおじいさんとおばあさんにとって、タマは我が子のように育てられました

ミカンを食べないタマを、しかったり
リンゴを食べたいタマがぶちギレたり
タマがおじいさんをボコボコにしたり
タマの事も考えて、食卓にはミカンミカンミカンたまにリンゴ

おじいさんもおばあさんもタマも幸せに暮らしてました。

数年たったある日

突然タマが『ブルブル』震えだしました。異常な程に。

慌てたおじいさんは「病院じゃーぁ!」とタマを抱き抱え、動物病院へ走りました
おばあさんは「西野かなじゃね?」とつぶやきながらも、おじいさんの後をついていきました

「タマを助けたてくれぇー…」
病院に着くとおじいさんは先生にお願いし、容態を見てもらいました。

先生は、院内でミカンを頬張ってるおばあさんを横目に口を開きました
「ネコに何食べさせました?」

おじいさんはキチンと伝えました。「ミカンミカンミカン、たまにリンゴ」と。

「でしょうねぇぇー!」と、叫びながら、おじいさんのコメカミをぶん殴る先生。
「ネコは魚を食べるんだー!」と、もう一回ぶん殴るぞ!のジェスチャーをする先生。

「だって…ミカン、美味しいから…」と反論するおじいさんだったが、先生がメリケンサックをチラつかせてたので、大人しくする事にした。

「ミカンばっかり食べさせるから、栄養バランスが偏ってます。このままでは、死ぬまで西野かなです」
先生は続ける。
「私の知り合いに、魚とゆかりのある一家がいます。ネコを助けたいなら、その一家に引き取ってもらうように頼みますが?」

おじいさんは悩んだ。
楽しかったタマとの暮らし
最近ようやくミカンを受け入れ始めたタマ
しかし、このままではずっと西野かな

悩むおじいさんの肩に『ポン』とシワシワな何かが当たった。おばあさんの手だ。
おばあさんは首を縦にふり「うんうん」と言う。
それはまるで
「タマを助けてもらいましょう」
「元気が一番」
「反発したらメリケンサック、くるよ?」
と言いたげな目。

おじいさんは決めた!

「先生、お願いします。タマを元気にしてください!」


━━━━━

━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━。

どれくらいの月日が流れたのだろうか…

タマとお別れをしてからじいさんは、明くる日も明くる日も、タマの事を考えてました。
「タマ、病気治ったかなー?」が口癖になるほどに。

おじいさんは『タマが帰って来なくても、どこかで元気に生きていればそれで良い』と考えてました。
本当は一緒に暮らしたい気持ちもあるが、食卓は毎日ミカンばかりで、すぐ同じ病気になるだろうから……

おじいさんは立ち上がり「ビタミンバランス!」と言いました。
そう、栄養バランスの偏りを気にしたのです。
山へリンゴ狩りをしに向かおうとしたおじいさんの手に、おばあさんが捕まりました。
「わしも連れてけ。ごきげんよう今日休みや」
この日は日曜日。おばあさんは『ごきげんよう』が休みなので暇だった

二人で仲良くリンゴ狩り。
「ここでなぁー、タマにあったんやぁ」とおじいさんは何度もしつこく話す。嬉しそうに。

「ふーん」と聞き流すおばあさんだったが、おばあさんも楽しく聞いていた。

少し、家にリンゴを持ち帰った。
「久しぶりにリンゴ食うか?」とおばあさんの優しい気持ち。

食卓に並ぶリンゴ。
「たまにはリンゴも良いな」と上機嫌なおじいさん。
すると、テンポの良いメロディーが流れてきた

『サザエでございまーす!』から始まるそのメロディーは、おじいさんとおばあさんの目を奪った。

そして、目を疑う光景が写り混んだ!!

「タ、タマーァァぁぁ!?」
そう、あの『タマ』が元気な姿で踊っていた。

右に左に腰をクネクネさせて!!

「ばあさん…タマがっ…」
「ええ、見てますよ。元気になりましたね…」

おじいさんは涙をこらえリンゴを丸かじりしつぶやいた

「タマ…。ふふふ、バカなネコじゃ…」


タマは魚にゆかりのある一家と一緒に、元気に暮らしていた
おじいさんとおばあさんは、そんなタマの姿に安心し、「思い残す事はない」と、数十年後、この世を去った…

タマは踊り続けた。毎週、日曜日の6時30分に…

楽しい暮らしの中で、少しずつ好きになっていた、
おじいさんとおばあさんが大好きな『ミカン』の中で。

f:id:hamisaku:20140930181921j:plain

スポンサードリンク