読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一匹のダメ男でも誰かの役にたてたら良い日記

足のニオイが人一倍臭いダメ男が「こんな僕でも一万人に一人にぐらい役にたてたら」と思いながらスマホオンリーで書く日記

信じる信じないじゃない!大事なのは、その先の何かだ!

そう、これは……2日前の夜の出来事である。
飲み盛りの僕は、駅前のボロいビルにあるスナックに飲みに行きました
小さなエレベーターに乗り、目指すは4階。そう、幸せの4である。
同乗したキレイな姉ちゃん2人、幸せな空間に酔いしれた。
そしてさりげなく、屁をする僕(^-^;
でもしっかり、すかしっ屁をする僕(^-^;
前日のキムチの効果があってか、微妙な酸っぱさが漂う。誰も悪くない、そう誰も悪くないのだ!!

そんな中、良からぬ事が脳裏をよぎった
「もしかしたら、このキレイな姉ちゃん達がこのニオイをめぐって、喧嘩してしまわないだろうか?」と。

ひ弱で足が臭いのだけが取り柄な僕だけど、これでも一応は男!
目の前の争い事ぐらいは止めたい!
今、姉ちゃん達が責任の擦り付けあいをした時、止めれるのは僕だけ、いや、大惨事になる前に何とかするべきだ

そんな試行錯誤を繰り返した僕は
【足の臭さと屁のニオイは反比例してるね】(リンクの張り方わからない)で書いた
『魔法の言葉』を言ってやりましたよ!

「誰かの勝手に出たプーだね」とね(^_-)キリッ

しかし、「魔法の言葉万歳グッジョブ!!」と、思ったのに……
世間の風は冷たいのですね
あんな冷たい目をされたのは初めてかもしれない
完全に僕を、疑ってる目だった
姉ちゃん二人の友情の中に、『私達は臭いオナラはしない』とでも硬い絆のようなものがあるとでも言うのか?
オカシイ。なぜバレた。確かにその屁は僕の屁だ!
でも、ちゃんと無音だった。
なぜそこまで僕だけを疑うのですか!!

どうした日本、どうした地球!
疑う心は時として残酷なのだ。信じろとは言わない!
しかし、勝手に出たプーじゃなく、出したったプーだとしても、このような場では穏便に済ませる事が一番の解決法ではないだろうか?

と、本当は実際には臆病な僕は恥ずかしくなって、エレベーターが止まると、逃げるように早歩きしたけど
そんな日常の、ほんの一瞬の出来事を大袈裟に考えてしまう
そんな僕の夏の午後in雨

スポンサードリンク