一匹のダメ男でも誰かの役にたてたら良い日記

足のニオイが人一倍臭いダメ男が「こんな僕でも一万人に一人にぐらい役にたてたら」と思いながらスマホオンリーで書く日記

優しい男とはなんぞや?とダメ男が屁理屈言うとりますわ

よく女の人が好きなタイプの話で聞く『優しい男』というカテゴリーに入りたい僕だが、先日、某飲食店での男女グループの会話に不信感を抱きましたので、屁理屈なのは承知の上で思った事を書きたいと思います
要点だけ書くので、多少はしょります
*某飲食店での会話
男「好きなタイプってどんな人?」
女A「んー……優しい人かなー」
女B「わかるー!優しい人いいよねー。定番だけど、バックとか荷物もってくれたり、車道側歩いてくれると優しいなって思うー」
男「じゃあ俺は優しい人やな。そうゆう事よくしてるし」
女B「さりげなくしなきゃ意味ないよー。バレバレだと逆に冷めるから。さりげなくするからこそ優しさなんだよ」
男「そっかー難しいなー。じゃあ女Bの好きなタイプは?」
女B「私は自分に優しいだけじゃなく、誰にでも優しい人が好き」

と、こんな会話が聞こえてきた。
僕はいくつか気付いた事がある(勝手な解釈です)

1、女Aは多分、「優しい人って無難な事言っとけばいいか 」てぐらいの気持ちで答えた
2、女Bは、でしゃばり
3、女Bは、知ったかぶり
4、僕は足が臭い

人によって優しさの定義は違うのだろうけど

僕は、バック持ったり車道よりを歩いたりが、優しさとは思いませんが、仮にそれが優しさだとします。
そうなると、注目したいのが女Bの言葉!!
女Bが言う優しさ=バックや荷物をバレないようにさりげなく持つ人
(解釈の仕方が屁理屈なのは内緒)笑
と、優しさたるものを説明してくれた女B
ここまではギリギリわからなくもない。
でも驚くのは最後の言葉
『誰にでも優しい人』だ。
誰にでもって、大袈裟かもしれないけど
名前も知らない人や道行く人、ようは、他人もって事なら、女Bの言葉を並べると
『他人のバックや荷物をバレないようにさりげなく持ってくれる人』になりません?(^-^;

それって泥棒やないのぉぉー(゜ロ゜;
女Bの言葉のあやなのか、僕の屁理屈思考なのかわかりませんが、やっぱり日本語って難しいですね

結論

『優しい男』と言っても、優しさの定義は人それぞれ
多分『優しい人』と言うのは『好きな人に求める優しさ』の事
足洗ったばっかりなのに、もう臭い
優しい男と短い簡単な言葉の中には、もしかしたら、もっと深い意味があって
僕達男が、その優しさを探し出す旅は永遠に続くのかもしれない……完

スポンサードリンク